.
漏洩対策製品 導入ガイド>ネットワーク機器>無線LAN 選び方 アドバイス
ネットショップ運用・構築ガイド:目次

ショップ 構築ガイド

情報漏洩対策

情報の流出経路

レンタル ガイド

サーバ構築ガイド

レンタル ネットショップ

banner icon banner icon icon

おすすめの書籍

カメラマンになるな、演出家になれ!―オンラインショップ、ネットオークションの画像はこう撮る! ゲージ 今すぐ始める「ネットショップ開店」超入門 月1千万円稼げるネットショップ「儲け」の秘訣 月1千万円稼げるネットショップ「売れる」秘訣は文章力だ! 本気で稼ぐ ネットショップ ネット通販でダントツ一番店にする法―いまからはじめてザクザク儲ける100の法則 なぜこの店で買ってしまうのか―ショッピングの科学

無線LAN 製品選びのポイント ~ 無線LAN機器の選び方

ここでは、初めて無線LAN 環境の構築を考えている方向けに、セキュリティと互換性に考慮した無線LAN 製品選びのポイントについて説明します。

ネットワーク構成について

一般家庭を対象とした無線LAN アクセスポイントには、ネットワーク構成によって幾つかのタイプの製品が存在します。

参照 => 無線LAN 製品の種類 ~ アクセスポイント / カード / ルーター

ケース1初めてLAN を構築する ~ モデムのみの場合.

一般家庭において、はじめてLAN 環境を構築するケースでは、右図で示したようなネットワーク構成が多いと思います。複数のパソコンから同時にインターネットを利用できる環境を構築する目的で、はじめてLAN を構築するケースです。

モデム直結の場合

モデムのみのが提供される ISP の場合、複数のパソコンでインターネットに接続する事が出来ません。モデムのみを提供する ISP は、Yahoo! BBNTT フレッツCATV などの事業者が挙げられます。

このような環境で、初めて無線LAN 乗り入れを想定したLAN を構築する場合、別途ルーターが必要となります。無線LAN アクセスポイントのみを購入しても、複数のパソコンからインターネットを行う事は出来ません。

また、このような環境では、複数のパソコンからインターネットを利用出来ないだけでなく、外部から直接パソコンへ接続が可能となるため、セキュリティ上問題があります。

参照 => Router(ルーター)のセキュリティ効果について

ルーター機能付き無線LAN アクセスポイント

一般家庭におけるLAN では、複数のパソコンでインターネットを利用する目的となる事が多いため、一般家庭向けの無線LAN アクセスポイント製品では、ルーター一体型の製品が主流となっています。

無線LAN内臓ルーター

ネットワーク機器の優先順位で考えると、ルータ付き無線LAN アクセスポイントというより、ルーターに無線LAN アクセスポイントが内蔵されていると考えるほうが自然です。

このタイプの製品は、複数のLAN ポート(HUB)を標準で備えており、無線LAN に加え、有線でも複数のパソコンをネットワークで結ぶ事が可能です。

上記、図で示したインターネット環境では、複数のネットワーク機器を購入して接続しなくても一台購入するだけで手軽に有線、無線混在のネットワーク環境を構築する事が可能です。

そのため、一般家庭向けの製品では、このようなルータータイプの無線LAN アクセスポイントが主流となっています。

ルータータイプの無線LANアクセスポイントのデメリット

  • 無線LAN ライフサイクルが短い
    • 無線LAN はセキュリティ上問題が多く、有線ネットワーク機器に比べライフサイクルが短いため、セキュリティの問題で無線LAN の買い替えが余儀なくされた場合、基本的に無線LAN ルータの買い替えとなります。(機種によってはアクセスポイントを無効にし、アクセスポイントのみを別途追加する事も可能ですがシンプルではありません。)
  • それぞれの機能が貧弱 (特にルーター)
    • 一体型製品の多くは、ルーター単体で販売されている製品に比べ必要最小限の機能しか持たない事が多くあります。
  • ネットワークに自由度がない
    • 一体型であるため、ネットワークの自由度が皆無です。有線で可能な所は有線で、無線LANアクセスポイントが必要な所にアクセスポイントを設置するといった事も出来ない上、将来、セキュリティを考慮したネットワーク構築を考えた場合も、適材適所にネットワーク機器を配置、構築する事が出来ません。

必要なネットワーク機器

このケースで必要となるネットワーク機器は以下の通りです。ルーターの章で紹介しています。

無線LAN 内臓ルーター / 無線LAN アダプタ (同一メーカーにして下さい)

以下も併せて参考にして下さい。

参照 => ルーター導入アドバイス ~ ネットワーク機器選びのポイント

ケース2初めてLAN を構築するケース ~ モデム一体型ルータの場合.

正しいHUBの接続

So-net や ODN 、KDDI など通信事業者の多くは、セキュリティ上の理由から、モデムとルータ一体型の機器をレンタルしています。モデム一体型ルータを利用し、LAN を構築していない方の場合です。

ISP からレンタルで提供されるモデム一体型ルータの多くは、LAN ポートが一つしかないケースがあります。一見、モデムのみの場合と外観は同じですが、このケースでは、HUB を接続する事で、LANポートを分岐する事が可能です。

無線LAN との乗り入れは

HUB に無線LAN アクセスポイントを接続する事で有線、無線のLAN環境を構築する事が出来ます。

必要なネットワーク機器

このケースで必要となるネットワーク機器は以下の通りです。おすすめの製品はリンク先で紹介しています。

無線LAN アクセスポイント / 無線LAN アダプタ / スイッチングHUB

ご注意 ~ 一般の方に多い誤解.

一般の方によくある勘違いで、モデムのLANポートに直接 HUB を接続して複数のパソコンからインターネットが利用できると考えている方がおられます。

HUBの誤った使い方

インターネットに接続するために必要なIPアドレスは、最初に起動したパソコンに割当てられるため、他のパソコンからインターネットに接続する事は出来ません。

LANケーブルには、ストレートケーブルとクロスケーブルが存在し、(自動で切り替えを行う機器も) また、カスケード接続など一般の方には難しい側面もあります。上手く接続できない方は、このあたりを調べて見てください。

中には複数のIPアドレスを割当ててしまうISPもあります。つまり、複数台から利用できてしまいます。これは、正しい利用方法ではありませんし、セキュリティ上問題です。

既存のLAN に無線による乗り入れを行う場合

既存のLAN に無線による乗り入れを行う場合は、無線LAN アクセスポイントを設置するだけで無線によるネットワーク乗り入れが可能になります。

上記と同じです。

無線LAN 製品選びのポイント

ご自身のネットワーク環境に適した無線LAN アクセスポイントが決れば、次は機能面で無線LAN 製品を選びます。

安全性について

セキュリティの観点でみた無線LANアクセスポイント選びの要点です。

  • AES 暗号化が利用可能な製品を選ぶ
    • WEP は既にセキュリティ上、意味のないものとなっています。暗号が解読されるだけでなく、ネットワークに不正侵入が可能です。WPA (TKIP) 、又は、WPA2 (TKIP/AES) が利用できる製品を選びます。なるべく、WPA2 に対応した製品を選び、AES を利用するようにして下さい。このサイトで紹介している製品(AirMac除く)の全ては AES に対応しています。
    • 参照 => 無線LAN 暗号化の仕組みと特徴について
  • EAP 認証(IEEE802.1x)が利用できる製品を選ぶ
    • 無線LANにおけるネットワーク接続の際の認証を求める機能です。無線LANアクセスポイント単体では、利用する事の出来ない機能ですが、認証サーバを用意する事で不正進入に強い無線LAN環境を構築する事が出来ます。主に業務用途に発売されている製品が対応していますが、2006年発売予定のエントリークラスの無線LAN アクセスポイントの中には、EAP認証をサポートする製品があります。個人用途では特に必須というほどの機能ではありません。
    • 参照 => IEEE802.1X (EAP) 認証について ~ ユーザー認証

互換性について

無線LAN は、こちらで説明しているように複数の規格が存在し、それぞれに特長があります。また、互換性の問題もあります。互換性に考慮した無線LANアクセスポイント選びの要点です。

  • 同一規格の製品を選ぶ
  • 同一メーカーの製品を選ぶ
    • パフォーマンスを向上させるための機能や、設定を簡単にし設定ミスを防ぐ機能などメーカー独自の機能を利用する場合は、同一メーカーである必要があります。特に、はじめて無線LANを構築される方は、互換性の観点からもアクセスポイント、アダプタ双方が同一メーカー、同一規格で選ばれると間違いありません。
  • Wi-Fi 対応製品を選ぶ
    • Wi-Fi については、以下を参照して下さい。公衆無線LAN サービスや、自宅と会社など、異なるアクセスポイントへ接続する必要があるケースでは、他メーカーとの高い互換性を持つ製品の証である Wi-Fi マークの入った製品がお勧めです。
    • 参照 => Wi-Fi (ワイファイ)とは ~異なるメーカーの互換性について

用途に応じた選び方

無線LAN の用途に応じて、適切な無線LAN 製品の選び方も変わります。

異なるアクセスポイントでの利用 (オフィス・自宅・公衆無線)

ビジネス用途でよく利用されている IEEE802.11a (W52/53 ~ 54Mbps) 規格の場合、一般家庭で広く普及している IEEE802.11g (54Mbps) 規格とは互換性がありません。

もし、オフィスでの利用も考える場合は、 IEEE802.11g に対応した無線LAN アクセスポイントを購入し、同じメーカーの IEEE802.11g / a 双方が利用できる無線LAN アダプタを購入すれば、自宅では、IEEE802.11g で接続し、オフィスでは IEEE802.11a を使用して接続する事が出来ます。

この場合、自宅では、 IEEE802.11g アクセスポイントとする事で価格を安く抑える事が出来ます。

クライアントの環境が限定できないケース

従来から使用していた無線LAN アダプタを引き続き利用したいようなケースでは、全ての規格に対応する無線LAN アクセスポイントを導入する事で、資源を活用する事が出来ます。ただし、WEP にしか対応できない古いアダプタのためにセキュリティを犠牲にする事は行うべきではありません。

このメニューのタイトルリスト

漏洩対策製品 導入ガイド

ネットワーク機器 ルータ他

  1. ルータ 導入のアドバイス
    1. 定番の専用 ルーター
    2. ワイヤレス付き ルーター
  2. 無線LAN 選び方 アドバイス
    1. 一般家庭 ・ SOHO 向け
    2. スモール オフィス向け
  3. ネットワーク機器メーカー

ノートPC セキュリティ対策

盗難時漏洩防止 ストレージ

セキュリティ ソフトウェア


情報の流出経路と対策

情報漏洩 ~ ネットワーク

情報漏洩 ~ ウイルス

情報漏洩 ~ 盗難・紛失・持出

無線LAN のセキュリティ


ネットショップ開業 基礎知識

ショップ運用に必要なソフト

デジタルカメラ (商品撮影)


ネットショップ タイプ別 特徴

タイプ別 ショップ構築ガイド

決済と代行サービス(作成中)

インターネット広告 (集客)


ホスティング 比較 / 活用

個人/SOHO向け サーバ

ビジネス向け 共用サーバ

アフィリエイトプログラム活用


keyword: ネットワーク

icon専用線サービス

iconロードバランサ(負荷分散装置)

iconIP-VPN

iconモバイルアクセスサービス

iconブロードバンドルーター

iconVoIPゲートウエイ

iconWeb高速化ツール

icon無線LANの基礎と100M超の「MIMO」

iconレイヤー3スイッチ

My Select Goods

P2P無料IP電話

iconSkype(スカイプ)とは?

icon無料IP電話スカイプ>Download

スカイプ 対応フォン(USB)

SKYPE カンファレスフォン BUFFALO  USB対応 Skypeフォン BSKP-U201/SV CG-USBPH01 Skype API対応 コンパクト USBフォン

ELECOM Skype会議用ハンズフリーフォン MS-CO95USV ELECOM SKYPE対応アドレス帳 BT-MG2 WB-2501 Skype標準搭載USBハンディフォン

SONY インターネットテレフォン 「マウストーク」 ブルー[VN-CX1/L] SONY インターネットテレフォン 「マウストーク」 ブライトレッド[VN-CX1/R] GOD ABILITY IPフォン SKYPE対応 USB VOLP PHONE USBハンドセット P5-D

God Ability スカイプ対応USBIPフォン P4-K ハギワラシスコム USBスカイプハンドセット HUD-SKH01 GH-UCM-HS スカイプ対応イヤフォンタイプヘッドセット

.

個人情報漏洩
保護・監視ツール

自分のパソコンから流出する個人情報を未然に防ぐセキュリティソフトです。特定のコードを含む情報が特定のサイト以外へ流れるのをブロックします。ウイルスチェックツールだけでなく、このような機能を持ったセキュリティソフトは必須でしょう。

クレジットカードによるオンライン決済を良く利用される方、サーバをレンタルされているネットショップオーナーの方は、利用中のパソコン経由でもれてしまう個人情報は自分で守る必要があります。


インターネットセキュリティスイート(通常版)

インターネット
セキュリティスイート


プライバシーサービス

プライバシーサービスは、上記、インターネットセキュリティスイートに含まれます。

.
bottom_mark
ページ最上部
ページ最上部 前のページ